耳としっぽとあとドリル
やっつけ仕事です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクマクマヤコン~♪
『毒薬すぎれば甘露となる』
(――――『メディスン・メランコニー』)

どうも、常に背後からの視線に脅える男、エスクワイアです。
今日はエスクがいかにチキンであるかを昨日あったエピソードと共に語りたいと思います…。
なお、関係者様各位、特にエスクを不幸のズンドコ節に落としてくれやがったニラ玉様とモカ様には心から感謝しています。
お礼に毎晩5寸釘を打ち付けてこようと思います、裏山あたりに。
コラそこ!自業自得とか言うなっ!!

★エスクワイアの動揺☆
昨日は2限で大学が終わり1時半頃に家に帰宅できました。
まず昼食をとり、ミックマックをやらながらダラダラと過ごしていると、ニラ玉嬢からメッセが飛んできました。
2、3言語り合って『今、暇なんだけどスカイプの相手してくれない?だめならいいけど…』と言われたので、とりあえずミックマックを落としヘッドセットを装備して通話しました。

余談ですがエスクはこの『だめならいいけど…』等の弱気な台詞にはめっぽう弱いです。
アンデッドにケアルかけるようなもんです。
断れるワケがありませんでした…。

で、最初のうちは普通に会話してたハズなのです。
バイトの時間の話やらニラさんがコーラを飲むときの『ゴクン』という音が妙にエロぃよ、などと実に朗らかに話していたハズなのです。

しかし、気付けばなぜか心霊の話になっていました。
何度考えてもどういう流れでそうなったかは分からないのですが、親切なニラさんは地元の心霊スポットについて色々説明してくれました。
まぁ、オレの知らない土地の話です、怖くありません。
ですが、親切すぎるニラ玉さんは聞いてもいないのにオレの地元、神奈川の心霊スポットについて語り、その知性の一端を示してくれました。
もはや他人事では済まされない実にイヤ~な予感が頭をよぎりました。

さて、神奈川の心霊スポットと言えば『サザエさんの家』『サリーちゃんの家』『宮ヶ瀬ダム』『鎌倉霊園から横横道路に至る道』が代表格らしいです。
前の二つはギャグだろうと思いつつ、まぁダムも霊園もそんな頻繁に行くことはないと思っていたのですが、ニラさんは余りにも親切なので、どっかのサイトに書いてあったテキストを音読してくれました。
オレはこめかみ辺りがピクピクきていました…。

その後どんな話をしたか覚えていません。確かニラさんの持ってるCDの話だったと思います。
四時半頃にニラさんがバイトに行き、自分はコミぱのDVDを観て、夕飯食べてお風呂に入ったりしてトリスタ入ったのは10時過ぎでした。

ちなみにエスクのチキン振りを如実に表してくれるのがお風呂です。
宇宙人の特番を見た後などは、背後からヒシヒシと視線を感じ、シャワーで頭を流している間にグレイにさらわれたりしないかと、仕切りに後ろを振り替える挙動不審引きこもり気味成人男性。それがオレです。

トリスタではツリゴクエを適当に終わらせ、ビバ沼行こうと思ったんですが、PTがないので、だらだらとチャットに専念してました。
ですが、チャットが微妙に途切れた時、『サザエさんの家』『サリーちゃんの家』に対する興味が沸いてきてしまいました。コレがいけなかった。
怖いもの見たさ☆トゥナイトって感じです。

さっそくグーグル様で検索したところ、一発でヒット。Wikiペディアにも載ってやがるのか…
ページを開いてテキスト読んで、トリスタ戻ってエスクパニックです。
もはや錯覚とは思えないほど圧倒的な密度を持った視線を背後から感じております。エマージェンシーです!
こんな怖いことを教えたニラさんに文句の一つでも言ってやろうと思ったら『でも、夜中にそんなん見るコウが悪いと思うよ』とかいう、こういう時だけムダに常識人な答えが返ってくるだけでした。

見かねた社長やモカさんが頑張って励ましてくれたのですが、人間不振で挙動不審なこの男が簡単に落ち着くわけがありません。
もかさんなどは『これ面白いよ』と言いつつステキなFLASHを紹介してくれたのですが、エスクは『うわあぁぁっ!!』と思っただけで全く落ち着きませんでした。
むしろ悪化したような気がしました。
人間不信に拍車がかかりました…

その後、絶望を抱えつつ一時に寝ました。
布団の中で30分程ガクガクブルブルしてたのは気のせいです…

☆ミックマック★
全体的に青というか、薄い紫の服装。
眼帯。
アーチャーなのに自分の身長ほどもある大剣装備。

Σこ、これはっ!?彼にそっくりじゃないのかっ!?

というわけでしばらくは
『待たせたな孟徳っ!』とか言いながら過ごそうと思います。
夏候㌧かっこいぃよ夏候㌧(*´Д`)

★FLASH☆
ちなみにエスクが昨日見たのは『ウォーリーを探さないで』というものでした。
深夜零時にパソのモニター見ながら『うわあぁぁぁっ!』とリアルで驚く変態ダメ人間を召喚した素晴らしい作品なんで遊んでみてください。
多分スグ見付かります。

Q.E.D.141//
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
まさか速攻で見に行くとは思わなかったんだ・・('A`)
心臓にいくないよね。
2006/07/12(水) 01:59:31 | URL | byもか (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。